HOME > 歩み・歴史

歩み・歴史

歩み

甲南女子学園は企業家でありながら教育にも広く力を尽くした安宅彌吉(あたか・やきち)を設立主唱者として、1920年(大正9年)に「甲南高等女学校」として創立されました。その後変遷を経て、1964年(昭和39年)に甲南女子大学が開学し、甲南女子中学校・同高等学校・大学・大学院で構成される総合学園に発展し、現在の甲南女子学園の姿に至ります。

甲南女子学園は創立以来「全人教育、個性尊重、自学創造」の教育方針によって、建学の精神の実現につとめ、誠実で品位ある女性を数多く育て、世におくり、社会の信頼と期待にこたえてきました。 校訓「清く 正しく 優しく 強く」は、この人間教育の理念をわかりやすく表現したもので、まことの心を養い、人のために尽くし、世界の平和と人類の福祉に貢献するような女性に育ってほしいという願いが込められています。

歴史

学園の沿革

1919年(大正8年) 安宅彌吉が高等女学校設立を主唱。
1920年(大正9年) 甲南高等女学校設立認可。初代校長小森慶助就任。校舎はまだ無く甲南幼稚園の2教室を間借りして開校。
1921年(大正10年) 「財団法人甲南学園甲南高等女学校」設立認可。初代理事長田辺貞吉。
11月27日 校舎本館落成。同日を創立記念日とするのはここから。
1923年(大正12年) 第2代校長今西嘉蔵就任。
9月より3代校長として広島県立福山高等女学校長・表甚六就任。専任としては初代校長となる。以降在任23年、建学の精神に基づき、独自の校風を樹立した。
1924年(大正13年) 制服制定。セーラー服と決めたが形は決めなかったので生徒は各自の判断で色々なものを着た。徐々に形を統一し現在の形に落ち着いたのは昭和10年代。
校訓「清く 正しく やさしく 強く」制定。校章を象徴化。
1925年(大正14年) 校友会を組織。会長は校長で、顧問は教師。学芸部・音楽部・園芸部・運動部・庶務会計部からスタート。戦後はその発展した形といえる生徒会に「和光会」と命名。
1926年(大正15年) 第2代理事長に安宅彌吉が就任。
同窓会を組織。会誌を『清友』とする。
校友会機関紙『和光』創刊。
1927年(昭和2年) 新学習法「自学創造教育」設置。
校歌制定
家政科設置。高女5年生卒業後の希望者を受入れ。定員20名。翌3年には研究科と改称。
1929年(昭和4年) 校旗制定。制定式実施。この際校旗は同窓生より寄附された。
1930年(昭和5年) 創立10周年記念式典挙行。
1937年(昭和12年) 後援会成立。初代会長は朝日新聞社社長の村山長挙氏。
1938年(昭和13年) 阪神大水害発生。校舎埋没。登校していた生徒は表校長の判断により校舎内に留まったため、奇跡的に被害者はいなかった。校地北側の国鉄線で急行が立ち往生し、乗客が校内に避難、生徒・職員がこれを助けた。当時の様子は谷崎潤一郎『細雪』に詳述がある。
1940年(昭和15年) 水害で堆積した土砂をもって築山にし桜を植え「和光園」と称した。
1941年(昭和16年) 文部省の指示により「校友会」の組織が全国的に廃止。和光誌の母体である自治組織も終焉し「報国団」を組織。
1942年(昭和17年) 旧制専攻科設置、発足。家事科・裁縫科を重点に、修身・国語・家政・理科・法制経済・商業簿記の7科目のカリキュラムを持つ。修業年限2年。
1944年(昭和19年) 都市疎開始まる。学徒勤労令公布。動員につぐ動員で、専攻科で退学者続出。表校長も「生徒の品位が日に日に下落して行く」と憂いた。
1945年(昭和20年) 戦時教育令公布。近代教育は完全に停止。
6月5日 神戸大空襲により全校舎焼失。
芦屋の仏教会館1階ホールを借り授業再開。月〜金で毎日一学年ずつ授業し、土曜は焼け跡整理。その後打出の公会堂2階の講堂も借用。
表の後任に、広島高等師範学校第一回卒業生で表と同期の、兵庫県立神戸第1中学校長・池田多助が就任。焼け跡に立って「学校は焼けたが甲南精神は焼けていない」と就任挨拶。
1946年(昭和21年) 生徒自治会復活「和光会」と命名。
第3代理事長に坂田幹太。会計は上田要が担当。
第1校舎建設前金捻出のため、同窓会が主催で第1回バザー開催。以降2回までは同窓会主催、3回は母の会(育友会の前身)と同窓会の共催、4回以降育友会主催で同窓会がこれに協力の形をとる。
1947年(昭和22年) 教育基本法公布。男女共学の法制化。いわゆる6・3・3・4制の法制化。
甲南女子中学校併設認可。高等女学校1・2・3年が新制中学校1・2・3年に切り換え、義務教育となる。
理事会・保護者会・維持会の連合会開催。理事会・後援会・維持会・同窓会で復興会を組織。
第1校舎竣工。
(写真は完成を前にして自らペンキを塗る池田校長)
後援会の主唱で「母の会」結成、同年第3回バザーを同窓会と共催。
代表理事に上田要就任。
1948年(昭和23年) 育友会(PTA)結成、母の会は発展的解消。
新制高校設立認可。
財団名を「財団法人甲南学園甲南高等女学校」から「財団法人甲南女子学園」に変更。
1949年(昭和24年) 4代理事長に阿部孝次郎就任。
3月刊の和光5号に表前校長が特に一文を寄せ「和光」の意義を説く。
1950年(昭和25年) 新制専攻科(家政科・英文科)開設。なお英文科は入学者なく第3回生で中止。家政科第4回生で廃止し、短期大学に引き継ぐ。
創立30周年記念式典にあたり、池田校長が「形式より精神が大切」と「精神復興」を強調。「本校の教育方針」として全人教育、個性尊重、自学創造の学風、精神教育、科学教育の振興、外国語教育と世界精神の強調、の6点を示す。
1951年(昭和26年) 財団法人から学校法人に切り換え。昭和22年の学校教育法および昭和24年の私立学校法の定めによる。
4月から、高校1年3学級編成(1学級45名)。
生徒による短大設置の署名活動が始まる。
生徒の手で「私達の約束」を作成。学校という社会の秩序を保ち、甲南精神を実現していくのに必要な事項を集約したもの。
1952年(昭和27年) 中校1年3学級編成(1学級45名)。
1954年(昭和29年) 父兄アンケートで大多数が短大設置を希望、理事会も設置を決定。
「甲南精神」を知らせるため、創立30周年誌から抜粋し、一部原稿を追加して『甲南の道』を刊行。
第1回甲南3学園音楽会開催(サンケイホール)。
1955年(昭和30年) 甲南女子短期大学開学。家政科を開設(定員40名)。初代学長・池田多助は英文科併設を考えたが断念。「中学・高校で甲南常識を、短大で甲南良識を」チャコールグレーの制服は学生達のデザインによる。清光会発足。
1956年(昭和31年) 短期大学に国語科を開設(定員40名)。
1958年(昭和33年) 第5代中高校校長、第2代学長に山本栄喜就任。
1960年(昭和35年) 国語科を国文科に改称。
創立40周年記念式典挙行。
1961年(昭和36年) 理事会にて創立40周年記念事業として、学園拡充計画を決定。内容は敷地買収と短大学舎新築および中学校・高校学舎改築。
育友会会長らが4年制大学設置を理事長・学長に強く要望。学園拡充計画は大学建設と新学舎建設の第2次計画に移行。
1963年(昭和38年) 甲南女子大学設置認可(文学部国文学科2・3年次、英文学科2年次同時認可)。
1964年(昭和39年) 短期大学国語科廃止。
甲南女子大学開学。文学部に国文学科と英文学科を設置(定員各100名)。大学は本山町森字坂下町14(現所在地)の新学舎に移転。その地を清心台と称す。
中学校入学定員を160名とする。
大学開学式挙行。
1966年(昭和41年) 第1回シェイクスピア祭(英文学科)。
1967年(昭和42年) 清心寮(122名収容)竣工。(大学)
1968年(昭和43年) 中学校・高校、本山町森字山田4(現所在地)の新校舎に移転。その地を和光台と称す。
同窓会館「清友園」竣工。
1969年(昭和44年) 山本栄喜が校長を退任。後任は元高津高等学校長の有光募(第6代)。
1970年(昭和45年) 創立50周年記念式典挙行。
1971年(昭和46年) 大学司書課程設置。
第1回国文学夏期講座開催(毎年1回開催し、第14回をもって終了)。(大学)
『大学だより』『学生部ニュース』創刊。(大学)
1972年(昭和47年) 山本栄喜学長退任(10日退任式)第2代学長・第3代短期大学長に鰺坂二夫。
第1回家政科生活科学講座開催(3回で終了)。(短期大学)
1973年(昭和48年) 中学校入学定員を180名(1学級45名、4学級編成)とする。
大学推薦入学試験開始。
第7代校長に鰺坂二夫(大学長・短期大学長兼任)。
1974年(昭和49年) 「英語科」新設に伴い大学2号館竣工。
短期大学を短期大学部に改称、短期大学部に英語科を開設(定員120名)。
黒部山の家(長野県大町市郊外)竣工。
神戸市建築文化賞受賞。(大学)
1975年(昭和50年) 「人間関係学科」新設に伴い大学5号館竣工。
大学院文学研究科(修士課程)国文学専攻・英文学専攻(各5名)開設。
文学部に人間関係学科を開設(定員100名 心理学専攻、教育学専攻、社会学専攻)。
学芸員課程・社会教育主事課程設置。(大学)
大学体育館(猪崎記念体育館)竣工。
大学開学十周年記念式典挙行。
1976年(昭和51年) 六甲山学舎開設。
大学新図書館(阿部記念図書館)竣工。
大学キャンパス内に松影寮(56名収容、現クラブハウス)竣工。
清友会(同窓会)創立50周年記念式典挙行
1977年(昭和52年) 大学院文学研究科博士後期課程国文学専攻・英文学専攻(各2名)開設。
第8代校長三輪和敏就任。
中・高校第2特別教室棟竣工。
大学6号館竣工。
1978年(昭和53年) 第5代理事長芦原義重就任。
文学部にフランス文学科(定員40名)を開設。
中学校・高校帰国子女受入れ開始。
大学第3学生会館竣工。
甲南女子高校研究紀要創刊。
第1回時代衣装着装会開催。(大学)
大学新「松影寮」竣工(108名収容)これにより保久良寮閉寮。
1979年(昭和54年) 大学院文学研究科修士課程社会学専攻・教育学専攻(各5名)開設。
第1回フランス語夏期公開講座開催。(大学)
大学4号館(芦原記念総合研究館)竣工。
1980年(昭和55年) 大学院文学研究科修士課程心理学専攻開設
第9代校長本野亨一就任。
大学院文学研究科修士課程心理学専攻(5名)開設。
創立60周年記念式典挙行。
1981年(昭和56年) 大学院文学研究科博士課程後期社会学専攻、教育学専攻(各2名)開設。
学園発祥の地に記念碑建立。
三笠宮殿下・妃殿下御来臨。特別学術講演「古代メソポタミア文明と旧約聖書─「ノアの洪水」を中心として─」。
中学校・高校バザー最終回(全38回)。
研究館別館竣工。(大学)
1982年(昭和57年) 大学院文学研究科博士後期課程心理学専攻(2名)、大学院文学研究科修士課程フランス文学専攻(5名)開設。
第1回ホームカミングデー開催。(大学)
1983年(昭和58年) 第1回フランス演劇祭(フランス文学科)。
1984年(昭和59年) 短期大学部家政科に食物栄養専攻及び生活科学専攻を開設
短期大学部家政科に栄養士養成課程が設置されたことに伴い7号館竣工。
短期大学部家政科栄養士養成課程設置
大学院文学研究科博士後期課程フランス文学専攻(2名)開設。
芦原学術研究奨励基金設立。
大学第4学生会館竣工。
1985年(昭和60年) 大学開学20周年・大学院フランス文学専攻博士後期課程開設を記念してロダン「考える人」(複製)設置。披露除幕式。
第10代校長に宮城宏就任。
皇太子殿下、皇太子妃殿下(現天皇陛下、皇后陛下)行啓。
1987年(昭和62年) 英文名称をCollegeからUniversityに変更。(大学)
1988年(昭和63年) 芦原講堂竣工。
短期大学部に「衣料管理士」「秘書士」課程設置。
1989年(平成元年) 第11代校長に井野辰男就任。
1990年(平成2年) 芦原講堂が第14回「hiroba作品賞」の最優秀作品に選出される。
芦原講堂が第6回神戸市建築文化賞を受賞。
創立70周年記念式典・創立70周年物故者慰霊祭挙行。
1992年(平成4年) 芦原講堂にデンマーク・マルクッセン社によるパイプオルガンが完成。4月に完成披露演奏会。
8号館(メディアセンター)竣工。
スクールバス乗場を設置、運用開始。
1993年(平成5年) 第3代学長に宮城宏就任。
図書館新館が竣工。(大学)
1994年(平成6年) 第12代校長に片山享就任。
第6代理事長に前田義里就任。
1995年(平成7年) 阪神・淡路大震災発生。在学生1名が犠牲となる。校舎も被害を受け、芦原講堂内パイプオルガンが全壊(1998年(平成10年)に復旧)。中・高校は避難所となる。
セメスター制実施。(大学)
1996年(平成8年) 甲南女子大学生協開業。
1998年(平成10年) 第13代校長に釆女節子就任。
国際子ども学研究センター開設。(大学)
1999年(平成11年) 第4代学長に塩原勉就任。
清心寮をグラウンドに用途変更。(大学)
2000年(平成12年) 創立80周年記念式典挙行。
2001年(平成13年) 9号館竣工。
文学部に多文化共生学科(定員90名)を開設。コモンルームを設置。
文学部学科名称を変更。国文学科→日本語日本文学科、英文学科→英語英米文学科、フランス文学科→フランス語フランス文学科。
人間科学部を開設(心理学科(定員90名)、人間教育学科(定員80名)、行動社会学科(定員80名)、人間環境学科(定員80名))。
甲南小学校、甲南高校・中学校とともに文部科学省による研究開発校の指定を受けて「環境教育」への取り組みを始める。(中学校・高校)
第7代理事長に松下正幸就任。
2002年(平成14年) 心理相談研究センター開設。
短期大学部廃止。
2003年(平成15年) 大学院研究科の名称を文学研究科から人文科学総合研究科に変更。国文学専攻を日本文学専攻に名称変更。
第14代校長に大榎茂行就任。
清友会賞を制定。
2004年(平成16年) Campus Squareによるシラバス閲覧と授業登録を開始。(大学)
資格サポートセンター開設。(大学)
2005年(平成17年) 第5代学長に坪内良博就任。
大学院人文科学総合研究科を3専攻9コースに改組、再編(言語文学専攻(博士前期・後期)心理・教育学専攻(博士前期・後期)社会・文化環境学専攻(博士前期・後期))。
学生プロジェクト21(現 学生プロジェクト応援基金)を制定。(大学)
2006年(平成18年) 第1回ベストティーチャー賞(2005年度)。(大学)
文学部にメディア表現学科(定員60名)、人間科学部に総合子ども学科(定員120名)を開設。
総合子ども学科に保育士、幼稚園教諭課程を設置。
喫煙スペースを廃止し、大学敷地内を完全禁煙化。
神戸市東灘区との間に「地域連携協力に関する協定」を締結。(大学)
2007年(平成19年) 看護リハビリテーション学部(看護学科(定員75名)、理学療法学科(定員60名))を開設。
看護師・保健師・助産師養成課程、養護教諭課程、理学療法士養成課程設置。(大学)
看護リハビリテーション学部専用棟の新1号館竣工。
総合子ども学科に小学校教諭課程を設置。
クローバー会の募金活動によってバングラディシュに学校建設。(同窓会)
2008年(平成20年) 教育理念、ブランディング、社会化・社会貢献などの14項目からなる『中期ビジョン』の発表。(大学)
学科名称を変更。日本語日本文学科→日本語日本文化学科、多文化共生学科→多文化コミュニケーション学科、行動社会学科→文化社会学科、人間環境学科→生活環境学科。
第15代校長に清水徇就任。
Sアドバンストコース(Sアドコース)とスタンダードコースからなる2コース制に移行。(中学校・高校)
大学に収蔵されている『源氏物語』(梅枝の巻)が、写本としては現存する中で一番古く「別本系」であること、また、勝海舟の蔵書印があり、幕末明治に活躍した軍艦奉行海舟の愛読書であったことが判明。
2009年(平成21年) 日本高等教育評価機構による認証評価を受審。(大学)
2008年3月発表の「中期ビジョン」を受け、「甲南女子学園中期計画」を策定。
Konan Clover House開設。(大学)
甲南保育園開設。
甲南大学との単位互換開始。(大学)
社会貢献室と国際交流室からなる対外協力センターを開設。(大学)
ANA総合研究所との提携によるエアラインプログラムを英語英米文学科に開講。ANAルームを開設。(大学)
文部科学省による学生支援推進プログラムとして「キャリアノートによる社会人基礎力・人間力涵養プロジェクト」が採用される。(大学)
2010年(平成22年) 図書館とメディアセンターを統合。(大学)
甲南女子大学ふれあいの森・里山体験フィールドを整備し、ツリーハウスなどを設置。(大学)
大学に収蔵の『古今和歌集』が現存する完本としては最古の部類に属する鎌倉初期の写本であることが判明。
学園創立90周年記念式典を挙行。
2011年(平成23年) 第6代学長に松林靖明就任。
2012年(平成24年) 大学院看護学研究科(修士課程) 開設。
文学部学科名称を変更。英語英米文学科→英語文化学科。
第2次中期計画を策定。
中学校・高校新校舎竣工。
2014年(平成26年) 第8代理事長に中内仁就任。
2015年(平成27年) 第16代校長に岡田明就任。
2016年(平成28年) 第7代学長に森田勝昭就任。

Page Top