HOME > ギャラリー > 貴重書ギャラリー > ナサニエル・ホーソーン『緋文字』

ナサニエル・ホーソーン『緋文字』

 アメリカのみならず世界文学を代表する作品の一つとして余りにも有名な小説。ピューリタニズムに支配された17世紀中頃のボストンを舞台に、姦通者を現す“Adulteress”の頭文字A を真っ赤な刺繍で胸につける刑罰を受け、罪を直視しながらも社会通念に抵抗して自己に忠実に生きようとする新しい女性像を描いているほか、登場人物それぞれが抱える心の苦悩を描き、罪と罰、心に潜む悪の問題を扱っている。  1850年にボストンのTicknor and Fields 社から初版2,500部が発行されたうちの1冊が本書。他に1858年に出版された珍しい挿絵入りの初版も本コレクションには含まれている。

貴重書ギャラリーに戻る

Page Top