HOME > ギャラリー > 貴重書ギャラリー > 『シェイクスピア戯曲全集』第4版

『シェイクスピア戯曲全集』第4版

 フォース・フォリオはサード・フォリオを訂正用原本として用い、 内容もサード・フォリオとほぼ同じで、肖像画も同じく左ページに配されているが、タイトルページの活字や字配りが大きく変化して、見た目の感じはかなり異なっている。 英語の変化に伴って綴りの現代化が行なわれているほかに、およそ750カ所の訂正を行ったが、それが数人の編者で別個になされたゆえに、改訂に一貫性がなく、 間違いも多ので、4種のフォリオの中では「最も粗悪なもの」と言われている。しかし書誌学があまり発達していなかった18世紀頃までは、出版年が一番新しい刊本であるこのフォース・フォリオが一番良くて正しいものと考えられたため、多くのシェイクスピア学者・研究者たちがこのフォース・フォリオを底本としていた。 このフォース・フォリオも残存数が極めて少なく、研究資料としての価値は大きい。

貴重書ギャラリーに戻る

Page Top